参加方法

  1. Home
  2. 活動内容
  3. 伝える
  4. Child Issue Seminar

第12回 Child Issue Seminar

★★・‥…―━━―…‥・‥…―━━―…‥・★★
子どもを取り巻く問題について学ぶことが支援につながる
Child Issue Seminar(CIS)
第12回開催のお知らせ

白熱「子ども・若者」教室~最前線の3人に聞く、子ども若者事情と社会貢献~

★★・‥…―━━―…‥・‥…―━━―…‥・★★
3keys CIS12

 

 

 

 

 

第12回CISでは、”白熱「子ども・若者」教室”と題し、子ども若者の最前線で活躍している3人に、今の子ども若者事情や私たちにできることについて熱く語っていただきます。

就職困難者向けの就労支援サービスを行う企業を設立。退社後は現代社会における若者のワークモチベーションや自律型キャリア開発について研究、女子高生による街づくりプロジェクト「鯖江市役所JK課」や志望企業を占いとくじ引きで決める「ベツルート」など今までにない実験的な企画を実施する、若新雄純氏。

自身も恵まれない環境で育ち、高校時代に9.11テロに衝撃を受け、社会を変えたいと思い進学を決意、大学在学中にイスラエル・パレスチナなどで紛争や貧困に触れる。現在は不登校・高校中退経験者を対象とした塾「キズキ共育塾」を運営する、安田祐輔氏。

生まれ育った環境で子どもたちが得られるものが二分化してしまう格差社会を危惧し、虐待や貧困などで社会資源から孤立しやすい子どもたちのサポートを行う「NPO法人3keys」の代表理事、森山誉恵氏。

勉強や進学、就労といった子ども若者にまつわることに関わるようになった経緯や活動していく上での信念、これからの具体的な活動などについて3人それぞれの考えを聞くことで、みなさんもできる子どもや若者との関わり方を見つけませんか?

━━━━━━━━━━━━
*開催概要
━━━━━━━━━━━━
■白熱「子ども・若者」教室~最前線の3人に聞く、子ども若者事情と社会貢献~

■講師
若新 雄純氏(慶應義塾大学特任助教、国立福井大学客員准教授)
安田 祐輔氏(キズキ共育塾理事長)
森山 誉恵 (NPO法人3keys 代表)

■日時
2015年12月13日(日)14時00分~17時00分 (開場13時30分)

■会場
日本マイクロソフト株式会社
(JR 品川駅 港南口よりスカイウェイにて徒歩 3 分、京浜急行 品川駅より 徒歩 6 分)

■参加費
一般: 2,000円
高校生・学生:500円
中学生以下:無料
グループ割引:一般の方2名以上で参加の場合、1人1,000円
(一般の方と高校生・学生で2名以上で参加の場合、一般の方のみ1人1,000円となります。)

※いただいた参加費の一部は、格差下の子どもたちへの支援を行う3keysの活動費として利用させていただいております。
※グループ割を利用される場合、申し込み時にグループで申し込んでください。
後から申し込む場合には、必ず事前に申し込んだ方のお名前を添えてください。当日のグループ割りへの変更はお断りさせていただく場合がございます。
※高校生以上の学生の方は受付にて学生証の提示が必要となります。

■定員
120名

■申込み方法
申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S55931955/

━━━━━━━━━━━━
*講演者
━━━━━━━━━━━━
◆若新雄純 /わかしん・ゆうじゅん

wakashin
慶應義塾大学特任助教、国立福井大学客員准教授。
全員がニートで取締役という「NEET株式会社」、週休4日で月収15万円「ゆるい 就職」、自意識過剰の若者向けの「ナルシスト採用」など、今までにない実験的 な取り組みで注目を集める。不完全な個々を認めながらそれぞれの価値を活かし ていく、人と組織の新しいコミュニケーションを研究・模索する。

 

◆安田祐輔 /やすだ・ゆうすけ

安田さんプロフィール写真

自身も困難な家庭環境で育ち、居場所がなかった10代を過ごした後、自分を変えるために大学に進学。イスラエル・パレスチナ・バングラデシュなど海外で紛争問題や貧困に関わる。その後、困難を抱える若者たちを支援するためにNPO法人キズキを設立。日本およびベトナムで、学習支援や就労支援などの事業を、ビジネスや行政委託といった形を組み合わせて提供している。
◆森山誉恵/もりやま・たかえ

moriyama cis
大学時代のボランティアがきっかけで、児童養護施設で暮らす子ども達の問題に接したことをきっかけに、現在のNPO法人3keysを立ち上げる。生活困窮家庭や児童養護施設などで暮らす子どもたちのサポートを行う傍ら、現代ビジネス「いつか親になるために」の連載や、社会的養護がテーマの「タイガーラジオ」へのレギュラー出演を通じ、現場の視点を社会に発信する活動も行っている。NPO法人3keysの専従職員兼代表理事。