参加方法

  1. Home
  2. よくある質問

よくある質問


学習ボランティア(まなボラ)活動について

  1. 登録会への参加や登録は必須ですか。

    はい、必須となっています。3keysでは児童福祉法で定める要保護児童(保護者のない児童又は保護者に監護させることが不適当であると認められる児童)が主な支援対象になっていることから、子どもたちの個人情報や権利を守るために必ず登録会にお越し頂き、事前研修を受け、同意書に同意いただいた方にのみ指導案件の情報を配信しております。また同意書の改訂に伴い、登録後もWEB上などで再同意をお願いすることがございますのであらかじめご了承ください。まなボラ登録会については、こちらをご覧ください。

  2. 活動地域はどこになりますか。

    現在(2013年9月時点)、3keysで提携している施設は、東京都、神奈川県、千葉県の3カ所に主にあります。児童養護施設などはそもそも都心部から少し離れたところに多く、山手線から電車で30分~60分程度の場所が活動拠点としては多くなっています。それより遠い地域については現在は支援を行っておりません。まなボラとして登録していただくと、提携している10以上の施設から随時案件の募集のお知らせが届きます。ご自身が通える、無理のない範囲でご応募いただけるような形になっています。また、提携施設は随時増えていますので、選択肢は広がっていくと思っていただいてよいかと思います。

  3. 初心者でも指導はできますか。

    募集している案件によっては経験者を優遇している場合もございますが、原則初心者でも応募が可能となっており、初心者の方でもたくさんの方々が活動しています。必要に応じて面談や研修、マニュアルが支給されることもありますのでご安心ください。まずは登録会にお越し頂き、指導案件の配信を受けて、ご自身に無理のない活動を選んでいただけたら問題ないかと思います。

  4. 年齢制限や男女の制限などはありますか。

    まなボラに登録できるのは原則として高卒以上・18歳以上とさせていただいております。年齢制限の上限は特にございません。ただし指導案件によっては、子どもとの相性や、子どもの虐待の背景などを考慮し、年齢制限男女の制限を設けている場合もございます。現在18歳から60代の方まで幅広く活動に携わってくださっています。

  5. 報酬は出ますか。

    指導料は一切お支払しておりません。活動する施設等によって交通費や教材費の上限が設定されているケースもありますが、原則として交通費と教材費は実費支給させて頂いております。ボランティアとしてご無理のない範囲で携わることをおすすめいたします。

  6. 活動期間はどれくらいですか。

    案件によって指導期間は異なっていますが、最短でも3-6か月となっています。指導が開始したら、週に1回1-2時間、半年間以上の継続をあらかじめ想定した方がよいかと思います。詳しい継続期間は案件ごとに異なるため、継続期間なども踏まえて案件に応募されることをおすすめいたします。

  7. 交通費や活動の実費は支給されますか。

    3keysでは原則として交通費と教材費の負担をボランティアの方にお願いすることはございませんのでご安心ください。なお、活動する施設によっては交通費や教材費に上限を設けているところもございますのであらかじめご了承ください。案件に応募する際には上限金額を知ることができます。

  8. 急用ができたときに休めますか。

    指導開始前にご無理のない曜日・時間をお伺いし、基本的には毎週同じ曜日・時間での指導になりますので、やむを得ない事情以外では原則として事前にあけていただくようお願いしております。ただしやむを得ない事情で休まなくてはいけない時は、事前に職員や担当者にお申し出いただければ可能です。その場合、別日程で調整をするのか、休みにするのかについてもご相談いただけます。なお、ボランティアの姿勢が子どもたちの模範となることは忘れずに、早めの相談や、子どもに納得のいく説明をするなどを心がけてください。

  9. 注意点や禁止事項はありますか。

    注意点や禁止事項については、登録会にて説明をさせて頂いております。また同意書にも定まっており、そちらに同意をいただいた上で活動に参加していただくような形になります。主な対象が保護を必要としている子どもたちであることや、活動されるみなさまとしても明確な線引きの下、安心してご活動いただけるよう、禁止事項や注意点は通常のボランティア活動以上に多くなっていることをあらかじめご了承いただいた上でご参加ください。

  10. 活動をやめたい、登録を解除したいときはどうすればよいですか。

    既に活動をされている場合には必ず2か月以上前に担当コーディネーターまでご連絡ください。子どもと再度面談をしたり次の担当を探すまで2か月ほどかかりますので、子どもたちの学習への影響を最小化させるためにも必ず事前連絡を心がけてください。活動はしていないが、登録を解除し、指導案件の受信などを停止したい場合には、prele[at]3keys.jp ([at]を@に変更下さい)まで登録を取り消しにされたい旨をお伝えいただければ、登録を解除することができます。また同意書改定に伴う再同意を一定期間しなかった場合や、連絡先の変更のお知らせがなく3keysから一定期間連絡がとれなくなった場合には自動的に登録を解除することがございますのであらかじめご了承ください。

マンスリーサポーターについて

  1. 領収書は発行してもらえるのですか。

    各クレジットカード会社が発行する『ご利用代金明細書』を領収書の代わりとさせていただいております。ただし、別途領収書を必要とされる際には、発行させていただきますのでkifu[at]3keys.jp ([at]を@に変えてください)にご連絡くださいませ。

    領収書発行時期: 毎年1月下旬~2月初旬にかけて、前年分をまとめてお送り致します。
    領収書発行時期: 毎年1月下旬~2月初旬にかけて、前年分をまとめてお送り致します。
    領収書お宛て名:寄付申し込み名義 もしくは クレジットカード名義
    領収書上の受領日:自動課金(引落処理)がされた日付

  2. 会費/寄付は寄附金控除の対象になりますか。

    個人のマンスリーサポーターの会費/寄付については、寄附金控除の対象ではございません。
    当団体は、個人寄付の寄附金控除が受けられる「認定NPO法人」ではございませんので、ご入金いただいている会費/寄付で寄附金控除は受けられません。

    ※法人が寄付をしてくださった場合、下記の限度内で損金算入が可能です。
    寄付金の税優遇等に関しましては国税庁のホームページ等をご参照のうえ、最新の状況をご確認ください。

    限度額 = (所得金額×2.5%+資本金など×0.25%) ÷ 2
    但し、他団体への寄付との合計額になります。

  3. クレジットカード決済後、どのようにしてから引き落とされるのですか。

    お客様とカード会社との間で定められた締め日およびお支払い日に従って、口座からの引き落としが行われます。

    締め日およびお支払い日についてはお客様の個人情報であるため当団体ではお調べできません。
    大変お手数ですが、各カード会社にお問い合わせください。

  4. 住所/メールアドレスの変更登録をしたいのですが。

    >団体からのご連絡用の為、ご登録頂いております住所/メールアドレスを変更される場合は、必ず変更申請を行って頂きます様、お願い致します。変更された際には、kifu[at]3keys.jp までご連絡ください。([at] を@に変えてください)

  5. 退会することはできますか。

    いつでも退会することが可能です。

    退会をご希望の方は、kifu[at]3keys.jp([at] を@に変えてください)までご連絡ください。退会申込みから1週間以内に退会手続きのご案内をさせて頂きます。なお、クレジットカード会社からの引落は発生日から時差があることがございます。引落停止日については契約のクレジットカード会社に問い合わせていただきますようお願いいたします。

  6. クレジットカード決済後、どのようにしてから引き落とされるのですか。

    お客様とカード会社との間で定められた締め日およびお支払い日に従って、口座からの引き落としが行われます。締め日およびお支払い日についてはお客様の個人情報であるため当団体ではお調べできません。大変お手数ですが、各カード会社にお問い合わせください。

  7. クレジットカード以外でマンスリーサポーターになれますか。

    はい。可能です。自動引き落としが適用されますのはクレジットカード決済のみですが、銀行振り込みや、ゆうちょでの支払、ソフトバンクの場合携帯料金からの寄付等、様々な方法を設けております。詳しくはこちらをご覧ください。

マンスリーサポート以外の寄付について

  1. 寄付金の用途は指定出来ますか

    ただいまのところ指定はできませんが、頂戴いたしましたお金は最大限有効に活用させていただきます。

  2. マンスリーサポーター制度と単発寄付は違うものですか。

    マンスリーサポーター制度と単発寄付は違うものですか。

    マンスリーサポーター制度は継続的な支援を前提にした寄付であり、単発寄付は継続的な支援は約束しない寄付となっています。3keysでの支援は原則として継続的な支援を前提にしているため、寄付制度にも継続的な寄付制度を設けています。

  3. 物資の寄付をしたいのですが、どうすればよいでしょうか。

    ありがとうございます。物資の寄付に関しましては、こちらから現在募集しているものをご覧ください。

  4. 寄付以外の形での協力はできないのでしょうか。

    個人の方は、ボランティアとしての参加が可能です。
    法人の方は別途こちらから参加方法をご確認ください。

  5. CSR活動の一環として支援したいのですが。

    ありがとうございます。法人としての協力方法についてはこちらに詳細がございます。詳しくは個別に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

  6. 本やDVDなどを活用していただけますか。

    はい、可能です。ただし在庫管理や細かいニーズ把握が困難なことから、シリーズものをセットでお送りいただくなど、大ロットの場合のみご相談いただけたら幸いです。その他の場合には、本やDVD、CDを寄付するとそちらを換金し、子どもたちの学習支援費に活用しています。

    本を有効活用して、子どもたちの学びを支える「BOOK FOR KIDS」の取り組みはこちらからご覧ください。