活動内容

  1. Home
  2. 3keysとは

3keysとは

全ての子どもたちも社会全体から愛され育つ社会へ

子どもたちは自分が生まれ育つ環境を選べません。
3keysは親や家庭の状況によらず、すべての子どもたちが社会から孤立することなく安心・安全に暮らしていけることを理念にしています。

日本の子どもたちの今

3keysはどんな環境で生まれ育った子どもたちでも十分な社会保障が行き届く社会を目指しています。しかし、地域や親族とのつながりが希薄になり無縁社会となってきている中で、親の経済状況や社会とのつながりが子どもが得られる教育や愛情、社会的資源に直接左右されるようになりました。

十分な所得がなかったり、十分な教育や教養を身に着けられていない、または人とのつながりが希薄な親は、親自身が孤立しやすく、子どもたちに必要な社会資源を提供することは難しくなってしまいます。それに加えて、DV等による離婚や、養育費が十分に支払われない、親と絶縁状態である等、親自身の家庭環境によっては社会的・経済的孤立をさらに助長させることにもなります。

そして、子どもたちに愛情や教育はおろか、虐待(育児放棄も含む)をしてしまうケースも少なくありません。虐待相談件数は年間80,000件を超え、1990年から約25年間でおよそ80倍となりました(図参照)。さらには40,000人以上の子どもたちが行政から保護され、親元ではなく、児童養護施設や里親といった「社会的養護」のもとで暮らしています。年間100人の子どもたちが、虐待によって命をなくしており、内、半分は親も一緒に命を落としています。子どもたち、そしてその親たちが、孤立し、苦しんでいることがこの数字からも分かります。

より詳しく知りたい方は「データで見る子どもの貧困と格差」をご覧ください。

3keysの役割~民間主体の動きを~

3keysは子どもの社会保障や権利保障を行政か家庭だけに任せるのではなく、昔の地域に代わり、民間や市民主体で解決を担っていくために、子どもたちに関わる大人を増やすことを役割としています。
子どもを取り巻く現状を社会に伝え、親や行政以外のセーフティネットとして、子どもたちを見守り、導き、そして伸ばしていく大人たちを増やします。

活動内容

3keysは以下の4つの活動を柱にChild Safety Netの充実化を目指しています(2014年9月現在)

活動の3つの特徴・こだわり

3keysでは支援・活動をする上で、以下のような考え方を大切にしています。

  • どんな環境で生まれ育っても蔑ろにされて良い子どもたちはいません。
    私たちは子どもたちが与えられるべき環境づくりを最優先して問題解決を行うことを大切にしています。枠組みがなければつくり、資源や予算がなければ集めて、子どもたちの権利が等しく保障されていくことを目指しています。

  • 誰かひとりが頑張るのではなく、自分の時間を割く人、寄付で支える人、教材やプログラムを提供する企業、活動を応援し発信してくれる人など、社会全体で子どもたちを応援していくことを目指しています。子どもの問題は親がやるべき、子どもの問題は学校がやるべき、と誰かに責任を押し付けるのではなく、1人ひとりができることを行い、子どもたちの幸せを叶える社会を目指しています。

  • 子どもたちの支援の中で見えてきたものを他地域や他分野で発信したり、連携をしていくことで、より多くの子どもたちの環境が改善されることを目指しています。